スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』

ナナテン中☆☆☆☆

1番印象に残った言葉。
人生で1回は言われてみたいね、
「ハロー、ビューティホー」。
もちろんブラッドリー・クーパーみたいな人しか受け付けませんが。

内容は想像どおりの、
どう転んでも死なないバリヤーに包まれた荒くれどもが、
派手に暴れまくりながら悪者を成敗し難事件を解決する映画。
それはこっちも納得済みなので何をやっても目をつむるし、
はじめて目にするリアル3Dにも楽しませてもらったが、
どうしてもひっかかったのが、華を添えるソーサだ。

【以下、ネタばれあり】

ハナっから喧嘩腰のこのオネーチャン、
その、フェイスに対するあまりな態度に、
つきあっていた時によほど酷い仕打ちをされたのか、
ドロドロの愛憎劇ののちに別れてトラウマになっているとか、
さぞかし底深い因縁があるのであろう、、、
と想像していたのに、なんと!

「僕が本気になったら君は怖くなって逃げ出した」(フェイス談)。
思わず誰かさんの口調で「そんだけ~~~!?」

その説得力の無い理由であの態度だったというの?
最初はかなり強行な手段で徹底抗戦&徹底排除の方向だったのに、
途中から型通りの情にほだされた心の味方にシフトチェンジ、
(↑ずっと一貫してこうだと納得できたかも)
最後にゃ熱烈キスって!
あのキス、マジ要らんかった。いや嫉妬じゃなくて。
<あ~あ、これで次からどんなに彼らを擁護しても、
 全て”ハイ私的感情~”って思われて逆効果ですぞ!>って、
そりゃまわりも呆れ顔になって当然だ。
映画としてもあそこだけ浮いてた気がする。いや嫉妬じゃなくて。

整形に失敗したような鼻のジェシカ・ビ-ル、好きなのになー。
このソーサとCIAリンチ、写真を見てお互いに、
「あらイイ男」「いい女じゃん」と言い合ってるんだから、
もうつきあっちゃえばいいじゃん。

ミソクソに言われていたパイクが、
案外ガッツもアタマもあった、というオチ?と、
バラカスの誓いは何の気紛れだったんだ、という思いと、
タプナード・・・原材料を教えろ!というモヤモヤが残った。
(お菓子風又はキッシュ風なものを勝手に想像してたのに、
 実際は緑?茶?っぽいペーストらしい・・・うーむ)

テレビ版を観ていない私としては、
ラストのオリジナルキャスト登場にも特別な感慨は無いのだが、
その頃には劇場内の客はそんな私しか残っておらず、
<折角用意されたサプライズも薄情な客相手じゃ意味ねーなぁ>
と残念に思ったのでした。

【勝手にキャスティング】(日本でリメイクするなら~)
ジェシカ・ビールはアメリカの嘉門洋子だとずっと思っている。

『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』
監督:ジョー・カーナハン
出演:リーアム・ニーソン(ハンニバル/ジョン・スミス大佐)
   ブラッドリー/クーパー(フェイス/テンプルトン・ペック)
   クイントン・“ランペイジ”・ジャクソン(B.A./バラカス)
   シャールト・コプリー(マードック)
   ジェシカ・ビール(ソーサ/Charissa Sosa)
                ↑フェイスは”テルサ”と呼んでいた気がするが、
                ハリッサ?カリッサ?なんかそんなファーストネーム)
   パトリック・ウィルソン(リンチ)
   ジェラルド・マクレイニー(モリソン将軍)
   ブライアン・ブルーム(パイク)
   ケイティ・ボスコヴィッチ(フランス人レポーター)
   アレックス・マディソン(麻薬組織のトゥコの嫁)
   ナタリー・ジェームズ(中指を立ててたリンチの秘書)

ブログランキングに参加はじめました。押してくださるとヨロコビます。

スポンサーサイト
14:02 | 公開中映画
comment(1)     trackback(0)
comments
Thanks
美人秘書の名前が尻たくて・・・もとい知りたくて仕方なかった
漸く名前を知れましたっと
2013/01/23 20:25 | | edit posted by タナ
comment posting














 

trackback URL
http://shinjukubaton.blog82.fc2.com/tb.php/34-ef30b6d4
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。