『レディ・プレイヤー1』

オールド映画ファンも80’s洋楽フリークもゲームオタクも、
何も知らなくてもじゅうぶん楽しめるエンターテイメント映画。

レディ

<以下ネタバレあります>

弱冠21歳にしておデコのシワが上田晋也状態のタイ・シェリダンをはじめ、
顔が売れすぎていないキャスト揃いなところがいい。
年に数本遭遇する、このテの映画がワタクシ好きであります。
(唯一、見てピンと来たのがサイモン・ペッグ・・・)
森崎ウィンも映画を観るまで存在を知らなかったのだが、
登場した途端、「アラ、可愛いじゃないの」・(←なぜかオネェ風)
向こうで地味に活躍する日本人俳優かと思ったら、
日本で活動する俳優であり、ダンスボーカルグループの一員でもあるってことで、二重にびっくり。
「俺はガンダムでいく!」は自分で考えた(英語でのセリフはあって、訳をね)、と、
各方面のインタビューで誇らしげに語っているが、
たしかにいい言葉のチョイスだ。
(「ガンダム、いきまーす」にしなくて正解)

「スピルバーグ、日本好きすぎだろ!」

内容については劇場で特報を何回か見たのが全てで、
評判等も何も入れずに観に行ったので、
観ている間じゅうずっと「スピルバーグ、日本好きすぎだろ!」と思っていた。
(原作自体がそうなことを、今これを書くにあたって知ったので)

観た後でネットを探ったら、
「いくつ探せるか?登場するキャラやアイテム!」
(『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のデロリアンとかキティとか、もういろいろ)
・・・みたいな記事がたくさん出てくるが、
そういうのは詳しい人に任せて、
「大丈夫!そんなの知らなくてもじゅうぶん楽しめるから!」
と声を大にして言いたい。

ワタクシ完全な『AKIRA』世代・ガンダム世代なのですが、
ちゃんと観たことは無く、ボンヤリとしたイメージしかない女子。
映画好きと言いつつ、『ジャイニング』もチャッキーも未見。
それでも「ああ〜なんとなく知ってるこのシーン」とか、
「アイアン・ジャイアントまでいるのかよ!」とか、
「チャッキー、こえ〜よ!」とか、
ワクワクが止まらなかったです。
(「お、これタイムボカンの乗り物じゃね?見〜つけた!」と思ったら「メカゴジラ」かよ、
みたいなドンマイなことは多かったけど、気にしない気にしない)

1番の見どころは、
仮想世界でしか会ったことが無かった仲間たちが、現実世界で集結するところ!
バッキバキの武闘派に見える(でも腕のいいメカオタク)エイチが、
実際はAI(エーアイじゃなくてアイね)似のオバチャンだったり、
渋いサムライ風だったダイトウがアイドルみたいなヤワな容姿の若いトシロウだったり、
忍者風のショウが「あえて年齢を言う必要あった?」と減らず口を叩く子供だったり、
現実との乖離が大きいほど、意外性があって楽しい。
そして仮想世界の繋がりは希薄なのが相場、というか、ウリ、だろうに、
アバターではないリアルな人間同士として協力しあう姿、、、
「そうでなくっちゃ」な展開が待っています。
(しかし、原作のトシロウの名前<ヨシアキ・トシロウ>は下の名前×下の名前っぽくてどうなのかなぁ。
向こうで例えると、<スティーブン・マイケル>みたいな感じ?)

古いは新しい。ハマる80’s

去年の『アトミック・ブロンド』や『怪盗グルーのミニオン大脱走』など、
80’sが使われている映画は、今でもコンスタントに出てくる。
(『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』は70年代メインか)
『レディ・プレイヤー 1』でものっけから『JUMP』なのだが、
まーこれがしっくりくること!
なんで近未来映画にこんなに似合うかな。

劇中に出てくる、ハリデーが仕掛けた謎を解くためにゲーム解析をしているオタク学生?達は、
IOIに雇われてるんだっけ?
(プレイヤーとしてのIOIじゃなく、頭脳のほうの子ら)
でも、結果誰が解いても「ヒャッホー!」って喜んでるのが、
純粋なゲームオタクらしくって微笑ましい。

そんなこんなで、オールド映画ファンも80’sフリークもゲーム好きも、
みんなを魅了する仕上がりになっている。

『レディ・プレイヤー1』(原題『READY PLAYER ONE』)
監督:スティーヴン・スピルバーグ
出演:タイ・シェリダン(パーシヴァル/ウェイド)
   オリヴィア・クック(アルテミス/サマンサ)
   リナ・ウェイス(エイチ/ヘレン)
   森崎ウィン(ダイトウ/トシロウ)
   フィリップ・チャオ(ショウ/ゾウ)
   ベン・メンデルソーン(ソレント/IOIの悪巧み男)
   マーク・ライランス(ハリデー/アノラック)
   サイモン・ペッグ(オグデン・モロー/ハリデー資料館(?)の案内ロボ)
   ハナ・ジョン=カーメン(フナーレ/上司に恵まれないオー人事オー人事)
   T・J・ミラー(アイロック/オアシスの中のソレントの悪事実行部隊筆頭)
   スーザン・リンチ(アリス/ウェイドの叔母さん)
   ラルフ・アイネソン(リック/叔母さんのヒモみたいなどうしようもないオッサン)
   パーディタ・ウィークス(キーラ/モローの妻/ハリデーの初デートの相手)

↓押してくださるとヨロコビます。
スポンサーサイト
22:34 | 公開中映画
comment(0)     trackback(0)

 『gifted/ギフテッド』

361498_02_01_02_convert_20171202215438.jpg

<↓鑑賞前の方でもネタバレなしの安心パート>

観ようか観まいか悩んでる人がいたら、観るほうをおススメします。

イケメン好きには、ヒゲでワイルドさを前面に出してきたクリス・エヴァンスをどうぞ。
可愛さに悶絶したい人には、カワイイの西の横綱・子供と、東の横綱・猫がお出迎えです。
そして、世に溢れる「泣きたい族」も満足すること間違いなしの、
お涙頂戴な展開です。(いい意味です)
天の邪鬼なワタシも、いなかっぺ大将の大ちゃんばりの、
アメリカンクラッカーのような涙を垂らしていました。
観るだス!

それにしてもだ、まぁなんつー可愛さと芸達者さ。
メアリー役のマッケナ・グレイス。
特にふくれっ面がピカイチ!
マツエクのDカールの14mmをバッチバチにつけたような麗しいお目目は、
クリス・エヴァンスと無いはずの血の繋がりを感じさせる。
(クリスもまつげピロピロ)
でろ~んとクリスに寄っかかるその仕草は、仲良し親子そのもの。
(親子じゃないんですけどね)

キャプテンアメリカでは、もう見るからに、「僕、イケメンでしょ!ね?ね!」
ってツルツルのお顔がちょっとばかし苦手だったのだが、
ヒゲというフィルターが1つかかったことで薄らぎ効果アリ。

女の子と父親の取り合わせはよくあるが、最近ほかにも観たぞ、この光景。
ああ『ローガン・ラッキー』のチャニング・テイタムとトドラーの子だ。
アチラには申し訳ないけど『ギフテッド』親子の勝利。

<↓若干のネタばれを含みますパート>

お約束の展開が待っていて、
<ここで「ずっと一緒って約束したのに!」って言うぞ言うぞ・・・ホラ言った~!^w^>
・・・みたいな、新喜劇っぽいことはあるんだけれども、
それを超えてくるのはマッケナちゃんの演技のおかげ。
『ローガン』(ラッキーじゃなくて、ウルヴァリンのほう)の子役、ダフネ・キーンといい、
どんだけお宝いんだ、恐るべし子役たち。
演技の天才も、数学の天才も、いるとこにはいるんですね。

とにかくメアリーとフレッド(←片目の猫)を「ずっと見てられる。ずっと見ていたい」に尽きる。
しかしだな、フレッドの身になって人間語で言わせてもらうと、
「僕の上にMac載っけて操作するニャよ」ってとこ。

予告編では「うんざりってナニ?」、
本編では「入念ってナニ?」ってなってて、
翻訳ってムズいなぁと思った次第。

『ギフテッド』(原題『GIFTED』)
監督:マーク・ウェブ
脚本:トム・フリン
出演:クリス・エヴァンス(フランク)
   マッケナ・グレイス(メアリー)
   片目の猫ちゃん(フレッド)
   リンゼイ・ダンカン(イブリン/フランクの母・メアリーの祖母)
     <おー!『シャーロック』(TV)の「助けて~」の人か!>
   ジェニー・スレイト(ボニー/メアリーの先生)
   オクタヴィア・スペンサー(ロバータ/近所のおばちゃん・メアリーの友達)
   グレン・プラマー(フランク側の弁護士さん)
   エリザベス・マーヴェル(メアリーが通う小学校の校長)
   ジュリー・アン・エメリー(メアリーの聞き取り調査をする女性)
   マイケル・ケンドール・カプラン(上手に動物園を作って来た子)
   ジョン・M・ジャクソン(判事)
   ジョン・スクラロフ(引っかけ問題を出すシャンクランド教授)
   ジョン・フィン(イブリン側の弁護士)←顔覚えてないけどたぶん
   キーア・オドネル(のこのこやってくるメアリーの実父)←顔覚えてないけどたぶん

ブログランキングに参加しています。押してくださるとヨロコビます。


23:04 | 公開中映画
comment(0)     trackback(0)

 『ブラッディ・パーティ』

●●●●●○○

we are the night

オネーチャン大好きキネコ期待のドイツ映画。
乱痴気チキチキを想像していたら、なんと純愛モノだった!
侮るなかれ。

私のいうところの<ツカミOK映画>でもありました。
オープニングからグッとくる音楽に、いちいちスタイリッシュな映像。
感覚的になんとなく<あぁ~ドイツだなぁ~>と思うですよ。
思わずサントラをamazonのカートに入れちゃったですよ。

【あらすじではないですが、全体的にちょこちょこ本編にふれてます】

ウィルスもの同様、よく観るジャンル<ヴァンパイア>もの。
これも伝統を守り、陽には弱いです。
『フライトナイト』と全く同じ消滅の仕方します。
『トワイライト』シリーズを観る度、
<んもうっ!永遠の若さと命と愛を手に入れるんだから、願ったり叶ったりじゃん!
早くやっちまえよ!>
と思う不粋な私なので、
(しかも、『ブラッディ~』は何故か”更に美しくなる”という特典付き!
 これはもう行列作ってでも咬まれるっきゃないでしょ)
<おぉ~、その風呂の湯、温泉の湯の配達みたいに持って来てくれ>と思った、
『ウォンテッド』の、治癒効果のある魔法の水と共に、
専売特許取って私が売りたいくらいだ。
どうですか?そこの旦那!お高くしときまっせ!

主演のカロリーナちゃん、
aiicinemaのフィルモでは5作品しかクレジットされてないが、
(公開されてないだけでもっと出てる)
私と作品選びのウマが合うのか、
追いかけてるわけではないのに、そのうち4作を観ていた。
決して美人さんではなくファニーフェイスの部類なので、
たぶん誰も、1度観たら忘れないのでは。
はじめての出会いは10年前、まだティーンだったのに、
彼女ももう27歳のお年頃なんだー。感慨。

ちょっと年長さんでヴァンパイア歴も長いルイーズ役のニーナ・ホス。
これ、日本でリメイクするならSHOW-YAの寺田恵子にやってほしいなぁ。
そして1番の美人、シャルロッテ、
彼女に「ミャオ♥」って言われたら、散弾銃の餌食にもなりますわ、そりゃ。

キモは、若い刑事トム。
・・・ステキ☆。
正統派男前にもってきてこの性格まで真っ直ぐな感じ、いいなー。
全ては<このタイミングで出会っちゃうか・・・>なのですが、
同僚の刑事と同じセリフを送ります。
「幸せにな」。

『ブラッディ・パーティ』(原題『WIR SIND DIE NACHT/WE ARE THE NIGHT』)
監督:デニス・ガンゼル
音楽:ハイコ・マイレ
出演:カロリーネ・ヘルフルト(レナ)
   ニーナ・ホス(ルイーゼ)
   マックス・リーメルト(トム)
   ジェニファー・ウルリッヒ(シャルロッテ)
   アナ・フィッシャー(ノラ)

ブログランキングに参加しています。押してくださるとヨロコビます。


11:40 | 公開中映画
comment(0)     trackback(0)

 『パーフェクト・センス』

●●●●●○○

ウィルスパニックものを、もれなく観てしまう。
なんだろう、備えあれば憂いなし、の、気持ちバージョンかも。
観たからって有効な対策を会得できるわけでも、
イザって時に防御できるわけでもなく、
結局観れば観るほど憂いまくりなんだが。

いくら「これはポジティヴな映画です」と言われても、
観て考えることはひたすら<自分はどうやってその時を迎えるか>だ。
問題提起にはいいが、そこに決して明るい未来が見えるわけではないよね。
こういう事態になった時、
たとえ己が人としての尊厳を守り冷静に対処できたとしても、
まわりがそういう人ばかりでないのを、私達は経験をもって知っている。
正しくは、見聞きしている、だけど。

そしてこれは全くの架空の話ではなく、
いつ起こってもおかしくないことだというのが1番キツい。
きっとそれを予感してるから観ちゃうんだと思う。
世の中の人がみーんなこれを観て、
平和な方向に向かって決意を新たにしてくれるとよいのに。

それにしてもユアンは40歳とは思えない、
あいかわらずキュートだなー。何よ、あの格好!ズルい。
エヴァも、細いのに胸はあるなんて、これまたズルい!
はいはい、ナイスカップルですよ。
未知ウィルスより、こっちのほうが非現実的だわ。

(ここからネタバレあり)
最後まで原因は明かされないんだろうと、観はじめてすぐ思った。
『コンテイジョン』などとは違い、理詰めで観ず、それこそ感覚で観る映画だなと。
素人考えで言ってるだけだけど、
感覚を失う兆候としての感情の激しい波なんて、医学的に説明できなさそうだもん。

映画もそこで終わったけど、あの順番でこられると、
自分だったら目が見えなくなった時点でアウトだなと思った。
まわりに世話をしてくれる人がいなかったら、
イッキに生活できなくなるのはここが境界線だ。
いやほんと、考えたらなんて怖い映画だったんだろう・・・。
今の自分の状況は決して手放しで喜べるものではないけど、
それでも<なんてありがたいんだ>としみじみ思っちった。
最期を一緒に迎えられるパートナーを本気で探す気に、、、
少しだけなったところがポジティヴといえないでもない。

あーなんか真面目に書いちゃったな。
たまにはいっか。

『パーフェクト・センス』(原題『PERFECT SENSE』)
監督:デヴィッド・マッケンジー
出演:ユアン・マクレガー(マイケル)
   エヴァ・グリーン(スーザン)『ライラの冒険』
   ユエン・ブレムナー(ジェームズ/マイケルの同僚)
   スティーヴン・ディレイン(スティーブン/スーザンの上司?というか学者仲間?)
   コニー・ニールセン(ジェニー/スーザンの姉)
   デニス・ローソン(レストランのオーナー)
   アダム・スミス(スーザンの研究仲間、たぶん)

ブログランキングに参加しています。押してくださるとヨロコビます。


23:32 | 公開中映画
comment(0)     trackback(0)

 『宇宙人ポール』

ナナテン中☆☆☆☆☆☆☆

まず<観てない人向け>の簡単コメントから。
もとい<観ようか観まいか迷っている人向け>コメント。

誰しもが「もしかしたら宇宙人と遭遇する選ばれし人は私かも?」
と心のどこかで思っているはず。(私だけ?)
そんなアナタはとにかく観に行こう!
キワモノ映画だと思うなかれ。
オカルトオタクももちろん楽しめるが、
オカルトオタクしか楽しめないわけじゃない。
その上映画好きなら尚楽しめるが、
何も知らなくてもじゅうぶん楽しめるからご安心を。

で、とっとと<観てから読んだほうがいい>感想にうつりますが、
最初のコミコン~名所巡りがはじまるところからもう、
なんだかとっても微笑ましくて、ニヤニヤしながら観てしまいやした。
いくつになってもコドモみたいなオッサンっていい。
(自分がそうだから、自己愛自己弁護か・・・)
そこに登場、いかにもすぎて逆に嘘くさい宇宙人、ポール。
いや~、その堂々ぶりったら、潔い!シャマランも真っ青。
卓越したユーモアセンスに思わず、
「友達からはじめて下さい!」と手を差し出したくなる。
そしてそこから始まる珍道中に人生のイロイロが詰まっている。
友情、恋愛、家族愛の愛系も盛り沢山な上、
冒険、出会いと別れ、どんでん返し(というか意外な展開)、和解、
映画にあってほしい物が満載で、なんて贅沢な作りなんでしょう。

劇中に登場する、みんなの憧れ作家、アダム・シャドウチャイルド(架空)、
代表作多っ!

サイモン・ペッグ、『ミッション~プロトコル』時よりもふっくらしてないか?
たまたまなのか、オタク臭を出す為か、相方に寄せたのか。
そのせいか、顔はさほど似てない2人なのに、
冒頭、街角で信号待ちをしている時の顔がソックリ。
顔の具材が中央に寄り過ぎだよ、お2人さん!

オタクだけに、2人とも劇中着ているTシャツがそれっぽい。
意外と(←失礼!)結構ちゃんと着替えてる。
着倒してる感がハンパないプリントのかすれ具合が最高で、
特にサイモン(グレアム)のTシャツがどれも可愛くて、
思わずネットで探してしまった。
(EIGHTBALLって書いてある、光線銃っぽいのを持った人?のが欲しかったけど、
 エイトボールってキャラは顔が玉らしいので、ってことはコミックブックのほうか?)
・・・探せねー。絶対お前ら、私物だろ?(ー ー ;)

しかしルースも負けちゃいない。
<EVOLVE THIS!>って描かれた、ジョークTにしか見えないTシャツを大真面目に着ている。
信仰が揺らいでからは裏返しにして着てるとこがまたシャレてる。
これいいなぁ~、、、って軽はずみに着てたら、
外国の人は引いちゃうんだろうか?(笑)

ポールの声、セス・ローゲン!どうりでエエ声。
前々からアメリカ版ケンコバだと思っていたので、納得。
ポールと話すスピルバーグの声は本人出演らしいし、
いや、こうやってあらためてキャストを見返すと、
このキャスティング、絶妙だなぁ~。
アクセントにジェーン・リンチ、ご無沙汰気味のブライス・ダナー、
シガニー登場を知らないで観たからサプライズ度もMAX。
う~、なんだかもう1回観たくなってきた。

途中で何度か縁あって遭遇しちゃう輩(ヤカラ)の2人組の1人が、
マット・デイモンを超極悪人にしたみたいな顔で笑ってもた。
何もわからずポール一行を追いかけるハメになった2人の若い警官も個性的で、
オライリーは林家三平(もとの一平)に見えて仕方ないし、
ハガードはムキになったら顔が怖すぎ~。

ほんと、新年早々いい映画に出会えた。
検索かけてたら、本作で字幕監修もしている町田智浩氏が、
自らE.Tハイウェイやエリア51を訪ねてました。こちら↓。
『町田智浩VSザ・ワールド』
あいかわらずアホなことしてますなぁ。好きですけど。

『宇宙人ポール』(原題『PAUL』)
監督:グレッグ・モットーラ
脚本:サイモン・ペッグ/ニック・フロスト
出演:サイモン・ペッグ(グレアム)『ショーン・オブ・ザ・デッド』
   ニック・フロスト(クライヴ)『パイレーツ・ロック』
   クリステン・ウィグ(ルース)
   ジェイソン・ベイトマン(ゾイル)『モンスター上司』
   ビル・ヘイダー(ハガード)
   ジョー・ロー・トルグリオ(オライリー)
   ブライス・ダナー(タラ)
   シガニー・ウィーヴァー(ビッグ・ガイ)
   ジョン・キャロル・リンチ(モーゼス/ルース父)
   ジェーン・リンチ(パット/リトル・エイリアンの女主人)『glee』
   ジェフリー・タンバー(アダム・シャドーチャイルド)
   ミア・ストールラード(幼少のタラ)
   ジェシー・プレモンス(ジェイク/ヤカラ/マット・デイモン極悪版)
   セス・ローゲン(ポール/声)

ブログランキングに参加しています。押してくださるとヨロコビます。


23:32 | 公開中映画
comment(0)     trackback(0)
| HOME | next