スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 『ちょんまげぷりん』

ナナテン中☆☆☆☆

何故だ、、、何故、、、
ともさかりえなのだ。
キャストを知った時に思ったことはこれだった。
申し訳ないが、決して今が旬の女優さんではない。
(私の中の全盛期は、
 『エスカレーション』『くしゃみ』を歌ってた頃)
別に【主演は流行りの人でなきゃ】とは思っていない。
むしろ、そういう風潮否定派。
でも、ならばその人をもってくる意味があるはず、
と思いながら観た。意味、そんなになかった。

それ以上に、以前から気になってはいたが、
口元がひんまがっているところばかりが目につき、
「いいのかともさか、、、それでいいのか?」
と、そんな心配ばかりが先行し、
ともさかのシーンはなかなか集中して見ることができなかった。
だって普通にしてても拗ねた顔、
もしくは不満があるように見えるので、
それは演技に支障があるのではないか?と思えてくるのだ。
女優生命に関わるゆがみ方だと思うのだが、
誰も指摘できずにいるのだろうか・・・。

錦戸亮はハマり役であった。
あまり笑わない役だったので、
キリッとした佇まいが崩れることなく凛々しいことこの上ない。
それゆえ叱責しても何しても発言・行動に説得力があり、
全体の空気を引き締め魅力をグーンとアップさせている。
あと、その出来不出来が映画を左右する子役がいい!
同僚役のキングオブコメディの今野と似すぎていて、
<実は今野の子じゃねーのか>と疑ったりした。

【以下、内容にふれます】

「友也のために1日1時間でいいから時間を作ってくれ」
というお願いの説明に、「(友也)泣いてるわよ」と言ったり、
友也がいなくなった時キンコメ今野に「見つけてあげて」と言ったり、
(あげて、って・・・。誰のためやねん)
更に「見つけてくれたらチームに戻ってあげるわ」などと言うので、
お前何様やねんってカッチーン。
そして結局は自分が元旦那に言われて腹立てたことと
同じことを安兵衛さんに求めてるわけで、
すっかり嫌味なエゴ女ぶりに、未婚の私は全く共感できなかった。

でもって、安兵衛さんが伝えたのはプリンだけかい?
あ、材料の関係か? (牛乳のかわりに豆乳って話もあったし)
コンテストで江戸城に雪を降らすところなど思わず(心の中で)拍手。

最後のまさかのNG集、
ジャッキー・チェンじゃあるまいし、、、
ストーリーに準じた使われてないシーンの挿入はいいと思うが、
中村監督、血迷いもーしたか?

『ちょんまげぷりん』
監督:中村 義洋
出演:錦戸 亮(木島 安兵衛)
   ともさか りえ(遊佐 ひろ子)
   鈴木 福(友也/ひろ子息子)
   今野 浩喜(田中くん/同僚)
   堀部 圭亮(上司
   佐藤 仁美(ママ友)
   中村 有志(司会)
   井上 順(ケーキ屋/有名パティシエ)
   忽那 汐里 (和菓子屋売り子)

ブログランキングに参加はじめました。押してくださるとヨロコビます。

スポンサーサイト
23:59 | 公開中映画
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://shinjukubaton.blog82.fc2.com/tb.php/36-6a971693
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。