スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 『キャッツ&ドッグス 地球最大の肉球大戦争』

ナナテン中☆☆☆

最悪だった、、、客が。
どこのレビューを見ても、
「子供と犬猫好きだけ観ればいい。映画館でお金を払って観る価値なし」
と書かれているが、
せっかくなるべくそういう手合いの少なそうな2D字幕にしたのに、
無駄な抵抗であった。
ほんとに茶の間で観てる気分の(きっと動物好きの)オバちゃん連中が、
映画の最中ずーっと「カワイ~イ~」「アララ~」と、
喋りまくるわリアクションとりまくるわ、
何度ニラみつけても(気づかず)お構いなしであった。
しかも、笑いの沸点が今まで出会った誰よりも低っ!
犬がつまようじをくわえてるだけで大爆笑。
ググッただけでまた大爆笑。
もうそれだけでこっちが疲れた。

なのになのに、
ネコター博士の登場シーンでは、シーン。
ああやっぱり、、、。
この人達は映画が好きなんじゃなくて、
よくテレビでやってる『動物の可愛い赤ちゃん大集合』
          『芸達者な動物の人気動画特集』
を見るのと同じ感覚で来てるんだなー、と。
映画館というパブリックビューイングを嫌いになる瞬間だ。
「金返せ」、あのオバちゃん3人組に言いたい。

映画は、そんな言うほど酷くなかったのに。
少なくとも、<あ~帰りてぇ>と思わなかったもん。
ハトがかなりの確率で名言吐くし。

『キャッツ&ドッグス 地球最大の肉球大戦争』
  監督:ブラッド・ペイトン
  出演:クリス・オドネル(シェーン)
     ジャック・マクブレイヤー(魔術師チャック)
声の出演:ジェームズ・マースデン(犬・ディッグス)
     クリスティナ・アップルゲイト(猫・キャサリン)
     カット・ウィリアムズ(ハト・シェイマス)
     ニック・ノルティ(犬・ブッチ)
     ベット・ミドラー(猫・キティ・ガロア)
     ショーン・ヘイズ(猫・ミスター・ティンクルズ/ネコター博士)
     マイケル・クラーク・ダンカン、ジョー・パントリアーノ、、、
     ロジャー・ムーア(←ネコの誰かでカメオらしい)

ブログランキングに参加はじめました。押してくださるとヨロコビます。
スポンサーサイト
11:57 | 公開中映画
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://shinjukubaton.blog82.fc2.com/tb.php/37-327213e9
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。