スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 『宇宙人ポール』

ナナテン中☆☆☆☆☆☆☆

まず<観てない人向け>の簡単コメントから。
もとい<観ようか観まいか迷っている人向け>コメント。

誰しもが「もしかしたら宇宙人と遭遇する選ばれし人は私かも?」
と心のどこかで思っているはず。(私だけ?)
そんなアナタはとにかく観に行こう!
キワモノ映画だと思うなかれ。
オカルトオタクももちろん楽しめるが、
オカルトオタクしか楽しめないわけじゃない。
その上映画好きなら尚楽しめるが、
何も知らなくてもじゅうぶん楽しめるからご安心を。

で、とっとと<観てから読んだほうがいい>感想にうつりますが、
最初のコミコン~名所巡りがはじまるところからもう、
なんだかとっても微笑ましくて、ニヤニヤしながら観てしまいやした。
いくつになってもコドモみたいなオッサンっていい。
(自分がそうだから、自己愛自己弁護か・・・)
そこに登場、いかにもすぎて逆に嘘くさい宇宙人、ポール。
いや~、その堂々ぶりったら、潔い!シャマランも真っ青。
卓越したユーモアセンスに思わず、
「友達からはじめて下さい!」と手を差し出したくなる。
そしてそこから始まる珍道中に人生のイロイロが詰まっている。
友情、恋愛、家族愛の愛系も盛り沢山な上、
冒険、出会いと別れ、どんでん返し(というか意外な展開)、和解、
映画にあってほしい物が満載で、なんて贅沢な作りなんでしょう。

劇中に登場する、みんなの憧れ作家、アダム・シャドウチャイルド(架空)、
代表作多っ!

サイモン・ペッグ、『ミッション~プロトコル』時よりもふっくらしてないか?
たまたまなのか、オタク臭を出す為か、相方に寄せたのか。
そのせいか、顔はさほど似てない2人なのに、
冒頭、街角で信号待ちをしている時の顔がソックリ。
顔の具材が中央に寄り過ぎだよ、お2人さん!

オタクだけに、2人とも劇中着ているTシャツがそれっぽい。
意外と(←失礼!)結構ちゃんと着替えてる。
着倒してる感がハンパないプリントのかすれ具合が最高で、
特にサイモン(グレアム)のTシャツがどれも可愛くて、
思わずネットで探してしまった。
(EIGHTBALLって書いてある、光線銃っぽいのを持った人?のが欲しかったけど、
 エイトボールってキャラは顔が玉らしいので、ってことはコミックブックのほうか?)
・・・探せねー。絶対お前ら、私物だろ?(ー ー ;)

しかしルースも負けちゃいない。
<EVOLVE THIS!>って描かれた、ジョークTにしか見えないTシャツを大真面目に着ている。
信仰が揺らいでからは裏返しにして着てるとこがまたシャレてる。
これいいなぁ~、、、って軽はずみに着てたら、
外国の人は引いちゃうんだろうか?(笑)

ポールの声、セス・ローゲン!どうりでエエ声。
前々からアメリカ版ケンコバだと思っていたので、納得。
ポールと話すスピルバーグの声は本人出演らしいし、
いや、こうやってあらためてキャストを見返すと、
このキャスティング、絶妙だなぁ~。
アクセントにジェーン・リンチ、ご無沙汰気味のブライス・ダナー、
シガニー登場を知らないで観たからサプライズ度もMAX。
う~、なんだかもう1回観たくなってきた。

途中で何度か縁あって遭遇しちゃう輩(ヤカラ)の2人組の1人が、
マット・デイモンを超極悪人にしたみたいな顔で笑ってもた。
何もわからずポール一行を追いかけるハメになった2人の若い警官も個性的で、
オライリーは林家三平(もとの一平)に見えて仕方ないし、
ハガードはムキになったら顔が怖すぎ~。

ほんと、新年早々いい映画に出会えた。
検索かけてたら、本作で字幕監修もしている町田智浩氏が、
自らE.Tハイウェイやエリア51を訪ねてました。こちら↓。
『町田智浩VSザ・ワールド』
あいかわらずアホなことしてますなぁ。好きですけど。

『宇宙人ポール』(原題『PAUL』)
監督:グレッグ・モットーラ
脚本:サイモン・ペッグ/ニック・フロスト
出演:サイモン・ペッグ(グレアム)『ショーン・オブ・ザ・デッド』
   ニック・フロスト(クライヴ)『パイレーツ・ロック』
   クリステン・ウィグ(ルース)
   ジェイソン・ベイトマン(ゾイル)『モンスター上司』
   ビル・ヘイダー(ハガード)
   ジョー・ロー・トルグリオ(オライリー)
   ブライス・ダナー(タラ)
   シガニー・ウィーヴァー(ビッグ・ガイ)
   ジョン・キャロル・リンチ(モーゼス/ルース父)
   ジェーン・リンチ(パット/リトル・エイリアンの女主人)『glee』
   ジェフリー・タンバー(アダム・シャドーチャイルド)
   ミア・ストールラード(幼少のタラ)
   ジェシー・プレモンス(ジェイク/ヤカラ/マット・デイモン極悪版)
   セス・ローゲン(ポール/声)

ブログランキングに参加しています。押してくださるとヨロコビます。


スポンサーサイト
23:32 | 公開中映画
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://shinjukubaton.blog82.fc2.com/tb.php/42-430f80f3
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。