スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 『悪人』

ナナテン中☆☆☆☆☆

予告を観た時から惹かれるモノがあった。
それは、【珍しい金髪のブッキー】と【フカっちゃん】という、
取り合わせの妙に興味が湧いたのと、
ヒシヒシと伝わってくる【切ない感】によるものだったと思う。
<観なければ>と強く思った。

はじまってしばらく、
『告白』の冒頭で感じたのと同じ「心のざわつき」を感じ、
そこはかとなく漂う不穏な空気に思わず眉をひそめて観ている自分がいた。
この感覚が嫌いではない。

しかし観終わり結論から言うと、悪くはないだけに、残念で仕方ない。
どうしても譲れない部分があるのだ。
といっても、原作を読んで言っているわけではない。

【以下、内容にふれます】

1番の核であると私が思うところの光代の心情の描き方が薄い。
フカっちゃん演じる光代が祐一に惹かれるまでの気持ちの過程だ。

私はレビューにあらすじを書くのをヨシとしないが、
今回だけはまとめるために少しだけ追ってみる。

 寂しく虚しい生活を送っている光代と祐一が出逢いました。
 光代は純粋に出会いを求めていたが、
 そこはやはり出会い系サイト、
 灯台の話で盛り上がったこの男ならもしかしたら信頼できるかも、
 と思ったのも束の間、やはり体目的だったのか、と、
 打ち砕かれた期待と浅はかな自分を思い泣き崩れる。
 ところがその男は後日、
 謝るためだけに遠路はるばる車を飛ばしてやってきた。
 あらためて2人の関係がはじまる兆しが見えた、、、
 
ここなのだ。
祐一の「殺人」の告白はこの時点でされる。
祐一の告白のタイミングとしては、わかる。
「この女ともう少し前に出逢っていれば」と、
自分のしてしまった取り返しのつかない罪を悔いるのは。
でもそこで、光代が即「(償って戻ってくるのを)待ってる」
というのが、どうしても理解できない・・・。
いや、理解できないというより、
そう思うまでの気持ちの変遷をもう少し丁寧に描いてほしかったのだ。
あと何回デートさせろ、もう数日過ごさせてからにしろ、
などと言っているわけではない。
恋愛はそういう問題ではないのは重々承知だけれども、
それにしてもそこに至るまでがいささか唐突すぎやしないか。
「せっかく見つけた(かもしれない)人」に簡単に、
そこまで依存してしまうほど切羽詰まった女心の狂気?
そうではないだろう、
光代はどこにでもいる普通の<私たち>にすこぶる近い人間だと思う。

ここの、この一点がモヤモヤしたまま逃亡に続くので、
ずっと消化不良な感じを持ち続けたまま観てしまう結果になり、
深いところに入りこめないまま終わってしまった・・・。
他がよかっただけに、そこが残念でならないのだ。

ただ、予告で感じた【切ない感】は、違うカタチで響いた。
報われない2人の愛に、ではなく、
同じような田舎に住む者にとって、あの2人はリアルそのもの。
多かれ少なかれ、誰の中にもある孤独感、
(誰の中にもは言いすぎだな。皆無の人もいるよねきっと)
他人から必要とされたい、
誰かと繋がっていたい、という思いを持つ祐一や光代は、
たとえ暮らしているのが都会であっても、確実にそこらじゅうにいる。
だからといって出会い系サイトにアクセスせず、
       殺人も犯さないだけで。
そこがイタく、とても響いた。

物語の本質である「誰が本当の悪人なのか?」という問いについては、
日頃から取り沙汰される数々の事件でも同様のことがいえる。
もちろん殺人は赦されることではないが、
立場を変えてみるとそこには別の一面があったりする。
この映画でも佳男は祐一以前にまず増尾を恨む。
間接的な原因となったのが増尾だとわかっているので当然だろう。
でもどこかで、軽卒な言動をとった娘の非も感じているため、
夫婦間も少しギクシャクしてしまうところなどとても現実的で、
観た者に多少ならずとも物の見方を再考させる効果があり、
この問題提起自体は大成功だったのではないだろうか。

【以下、ざっと他所で感想をナナメ読みした後】

脇を固める役者が良かったというのは、
他で誰もがこぞって書いているようなので割愛する。
柄本明樹木希林も、良くて当たり前だとも思うし。
「バスの運転手のひと言がよかった」という意見も多いようだが、
これと、永山絢斗演じる、増尾(岡田将生)の友達がスパナを投げるシーンと、
佳乃の幻影は要らないなぁと思った。
ちょっと説明的すぎる。
マスコミを一喝する&増尾を非難する視線&佳男の語り、でじゅうぶん伝わったのに。

「光代が社会復帰できるようにとの祐一の最後の優しさ」
のお陰であの【その後の生活】が描かれていてよかった、
という意見もあったが、私はそれは不服である。
一旦は捨て身で貫こうとした想いのある光代である。
祐一が逃亡劇をどう演出しようが、
「自分の意思で一緒にいた」と主張して、
祐一の罪を少しでも軽くしようとするのが普通ではないか?
と思ったのだ。
上で<女の狂気か?>と書いたが、
「光代は熱病から冷めたように、すっかりそんな事件のことなど忘れて
 日常の生活に戻っております」ならば<やはり>で済むのだが、
後日談として事故現場を訪れているではないか。
うーん、中途半端。

しかし、兎にも角にも、本当はキラキラのおメメを封印した、
暗い目のブッキーは新境地であったと思うのでした。

『悪人』
監督:李 相日
原作:吉田 修一
脚本:吉田 修一/李 相日
音楽:久石 譲
出演:妻夫木 聡(清水 祐一)
   深津 絵里(馬込 光代)
   柄本 明(石橋 佳男/佳乃の父)
   樹木 希林(清水 房江/祐一の祖母)
   岡田 将生(増尾 圭吾)
   満島 ひかり(石橋 佳乃)
   宮崎 美子(石橋 里子/佳乃の母)
   光石 研(矢島 憲夫)
   余 貴美子(清水 依子/祐一の母)
   松尾 スズキ(堤下/胡散臭い漢方売り)
   塩見 三省(佐野刑事)
   韓 英恵(佳乃の友達)
   中村 絢香(佳乃の友達)
   永山絢斗(増尾の友達)
   山田キヌヲ(馬込珠代/光代の妹)
   井川比佐志(清水 勝治/祐一の祖父)
   池内 万作(刑事その2)
   モロ 師岡(バス運転手)
   でんでん(タクシー運転手)

ブログランキングに参加しています。押してくださるとヨロコビます。
21:10 | 公開中映画
comment(0)     trackback(0)

 『トイレット』

ナナテン中☆☆☆☆

もたいまさこありきの映画。
個性的で味のある女優さんという事実は揺るぎないけれど、
画面に登場させると、存在だけでそれなりに雰囲気のある作品に仕上がってしまうため、
都合良く使われている気がしてならない。

この作品も、そんなもたいまさこ+、
ひょうきんなJOYと鼻っ柱の強そうなCHARAと7:3の典型的眼鏡オタク、という、
”組み合わせの妙”を狙った画面(えづら)先行型だったのでは、と思うくらい、
内容が雑だ。

【言葉は通じないけれど、それでも家族なんだから心は通じ合えるはず】と、
少しずつ距離が近づいていくという大筋はいいのに、
キャラ設定にこだわりすぎて3人分のエピソードを処理しきれなかった感が。
よくばりすぎたのが失敗の原因か。

【以下、内容にふれます】

ばーちゃんの為にエアギターの大会に出るのかと思いきや、
「フェイクじゃないのを証明する」とかなんとか、
元彼へのあてつけのようなワケワカラン理由だし、
<結局はみんなしてばーちゃんにお小遣いをねだる話かよ、姑息なガキか>
と、ここでガッカリしてしまった。
ばーちゃんがみんなの個性を伸ばすために力を貸すというイイ挿話を
盛り込みたかったなら、別の方法でよかったことない?

ミシンを教わる、ギョーザで親交、などなど、
予告編で惹かれた場面も予告以上のものはなく、
(ミシンに布が被せてあるのにあのホコリは無いなぁ)
キーワードの【3000ドル】が、唯一ピリっとスパイス役。

音楽が良く、猫好きには居てくれるだけでいいセンセーもツボ。
でもそんな具合に話以外の”なんとなくの雰囲気”でみせる映画になってしまっており、
心に響くものがない。
ただの下衆の勘ぐりだが、
私はレイがゲイに目覚めるというオチかと一瞬思った。

それにしても、
荻上直子監督の『かもめ食堂』以降、同監督の『めがね』『トイレット』
大森美香監督の『プール』
松本佳奈監督の『マザーウォーター』
と、イメージとキャストがバカかぶりの映画がいっぱい出てきたけど、
この人達(みんな女性)は、なんすか?何がしたいんすか?

『トイレット』
監督:荻上直子
出演:もたまさこ(ばーちゃん)
   アレックス・ハウス(レイ)
   デヴィッド・レンドル(モーリー)
   タチアナ・マズラニー(リサ)
   ダルトン←こんな感じのクレジットだったような(センセー)
   
ブログランキングに参加はじめました。押してくださるとヨロコビます。
14:01 | 公開中映画
comment(0)     trackback(0)

 『東京島』

ナナテン中☆☆☆

中途半端で消化不良。
リアルか、ファンタジーか、
どっちつかずな描き方に、イライラする。

【以下、内容にふれます】

だいたい設定からして「は?」だ。
与那国島での過酷なバイトから逃げ出してきたフリーターだと?
囚人じゃないんだから普通に帰れよ、と言いたくなるし、
彼らは”事故で漂着”とか”世捨て人”とかじゃないから、
「必死で脱出する努力」もしなければ、
「島で生きていく覚悟」も希薄で、
それが現代っ子、と言いたいのかもしれないけど、
サバイバルムービーではなく、キャンプだろコレ。

それでも3回めまではアリかと思ったけど、
4回めとなるご一行到着には「流れ着きすぎ」と少々あきれた。

清子にしても、蛇を剥いだり、常に有利なほうへ寝返ったり、
それだけで”これぞタフな女”と言わんばかりの安直さ。
とってつけたようなイラン人の生い立ちの前フリに応じる形で、
「この子だけは!」と守って脱出したわりには、
なんで助けを呼んでねーんだよ!
双子を別れ別れにしたままのうのうと10年生活?
もはや理解不能だ。
そんでもって最後に意味ありげにワタナベの影をチラつかせ、
観客の頭の中を???でいっぱいにしてテキトーエンディング。
それはないんじゃない?

誠実そうな役をやらせたらピカイチの福士誠治が、
記憶が戻った後どうなっていくか注目していたのに、
せっかくの豹変も尻すぼみな扱いで放置。
窪塚の役は意外性も何もなく、
木村多江の体のラインが思ったほどキレイじゃなかったのが、
意外といえば意外かも、といった程度。
原作を読んでないのでなんとも言えないが、
監督と脚本のダブルパンチで潰してしまった予感がする。
ただの支離滅裂な女の話にしてしまった。

『東京島』
監督:篠崎 誠
出演:木村 多江(清子)
   福士 誠治(ユタカ/GM/森 軍司)
   窪塚 洋介(ワタナベ)
   テイ 龍進(ヤン)
   山口 龍人(カスカベ)
   柄本 佑(オラガ)
   木村 了(犬吉)
   染谷 将太(マンタ)
   サヘル・ローズ(キム)
   鶴見 辰吾(隆)   

ブログランキングに参加はじめました。押してくださるとヨロコビます。
00:06 | 公開中映画
comment(0)     trackback(0)

 『ヤギと男と男と壁と』

ナナテン中☆☆

この映画を観て「面白い」と言う人は、
賢い人か、賢い人を演じたい人じゃなかろか。
と、自他共に認める低俗な私は穿った見方をしてしまうのであった。

いやー、つまんなかった。
出ている人は豪華でお得感はあるし、
名も実力もある俳優さんが本気で馬鹿をやる映画も嫌いではないが、
これはなんつーか、そうそう、空回り。
題材が面白そうで、期待していただけに残念。
原作はちょっと読んでみたい気もする。実話というのなら。

唯一の収穫は、ユアンのことを「やっぱ好きだわこの人」と再認識できたこと。
(常に恋い焦がれてるわけではなく、見たら思い出す曖昧さ)
この人のこの”ほっとけない”感はなんなんしょ。罪です。
結婚してたっけー。(→→→調べ中)
・・・してた。フランス人の美術監督と。
子供2人+養子1人。
ああいいなぁ、浮き名を流しまくりじゃない誠実そうなところも。

・・・ってもはや感想からはずれてますね。
でもそんくらい印象にないってことです、ヤギ映画が。

『ヤギと男と男と壁と』
監督:グラント・ヘスロヴ 
出演:ジョージ・クルーニー(リン・キャシディ)
   ユアン・マクレガー(ボブ・ウィルトン)
   ジェフ・ブリッジス(ビル・ジャンゴ)
   ケヴィン・スペイシー(ラリー・フーパー)
   スティーヴン・ラング(ディーン・ホップグッド)
邦題命名:千原ジュニア

ブログランキングに参加はじめました。押してくださるとヨロコビます。

16:31 | 公開中映画
comment(0)     trackback(0)

 『キャッツ&ドッグス 地球最大の肉球大戦争』

ナナテン中☆☆☆

最悪だった、、、客が。
どこのレビューを見ても、
「子供と犬猫好きだけ観ればいい。映画館でお金を払って観る価値なし」
と書かれているが、
せっかくなるべくそういう手合いの少なそうな2D字幕にしたのに、
無駄な抵抗であった。
ほんとに茶の間で観てる気分の(きっと動物好きの)オバちゃん連中が、
映画の最中ずーっと「カワイ~イ~」「アララ~」と、
喋りまくるわリアクションとりまくるわ、
何度ニラみつけても(気づかず)お構いなしであった。
しかも、笑いの沸点が今まで出会った誰よりも低っ!
犬がつまようじをくわえてるだけで大爆笑。
ググッただけでまた大爆笑。
もうそれだけでこっちが疲れた。

なのになのに、
ネコター博士の登場シーンでは、シーン。
ああやっぱり、、、。
この人達は映画が好きなんじゃなくて、
よくテレビでやってる『動物の可愛い赤ちゃん大集合』
          『芸達者な動物の人気動画特集』
を見るのと同じ感覚で来てるんだなー、と。
映画館というパブリックビューイングを嫌いになる瞬間だ。
「金返せ」、あのオバちゃん3人組に言いたい。

映画は、そんな言うほど酷くなかったのに。
少なくとも、<あ~帰りてぇ>と思わなかったもん。
ハトがかなりの確率で名言吐くし。

『キャッツ&ドッグス 地球最大の肉球大戦争』
  監督:ブラッド・ペイトン
  出演:クリス・オドネル(シェーン)
     ジャック・マクブレイヤー(魔術師チャック)
声の出演:ジェームズ・マースデン(犬・ディッグス)
     クリスティナ・アップルゲイト(猫・キャサリン)
     カット・ウィリアムズ(ハト・シェイマス)
     ニック・ノルティ(犬・ブッチ)
     ベット・ミドラー(猫・キティ・ガロア)
     ショーン・ヘイズ(猫・ミスター・ティンクルズ/ネコター博士)
     マイケル・クラーク・ダンカン、ジョー・パントリアーノ、、、
     ロジャー・ムーア(←ネコの誰かでカメオらしい)

ブログランキングに参加はじめました。押してくださるとヨロコビます。
11:57 | 公開中映画
comment(0)     trackback(0)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。