スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 『東京島』

ナナテン中☆☆☆

中途半端で消化不良。
リアルか、ファンタジーか、
どっちつかずな描き方に、イライラする。

【以下、内容にふれます】

だいたい設定からして「は?」だ。
与那国島での過酷なバイトから逃げ出してきたフリーターだと?
囚人じゃないんだから普通に帰れよ、と言いたくなるし、
彼らは”事故で漂着”とか”世捨て人”とかじゃないから、
「必死で脱出する努力」もしなければ、
「島で生きていく覚悟」も希薄で、
それが現代っ子、と言いたいのかもしれないけど、
サバイバルムービーではなく、キャンプだろコレ。

それでも3回めまではアリかと思ったけど、
4回めとなるご一行到着には「流れ着きすぎ」と少々あきれた。

清子にしても、蛇を剥いだり、常に有利なほうへ寝返ったり、
それだけで”これぞタフな女”と言わんばかりの安直さ。
とってつけたようなイラン人の生い立ちの前フリに応じる形で、
「この子だけは!」と守って脱出したわりには、
なんで助けを呼んでねーんだよ!
双子を別れ別れにしたままのうのうと10年生活?
もはや理解不能だ。
そんでもって最後に意味ありげにワタナベの影をチラつかせ、
観客の頭の中を???でいっぱいにしてテキトーエンディング。
それはないんじゃない?

誠実そうな役をやらせたらピカイチの福士誠治が、
記憶が戻った後どうなっていくか注目していたのに、
せっかくの豹変も尻すぼみな扱いで放置。
窪塚の役は意外性も何もなく、
木村多江の体のラインが思ったほどキレイじゃなかったのが、
意外といえば意外かも、といった程度。
原作を読んでないのでなんとも言えないが、
監督と脚本のダブルパンチで潰してしまった予感がする。
ただの支離滅裂な女の話にしてしまった。

『東京島』
監督:篠崎 誠
出演:木村 多江(清子)
   福士 誠治(ユタカ/GM/森 軍司)
   窪塚 洋介(ワタナベ)
   テイ 龍進(ヤン)
   山口 龍人(カスカベ)
   柄本 佑(オラガ)
   木村 了(犬吉)
   染谷 将太(マンタ)
   サヘル・ローズ(キム)
   鶴見 辰吾(隆)   

ブログランキングに参加はじめました。押してくださるとヨロコビます。
00:06 | 公開中映画
comment(0)     trackback(0)

 『ヤギと男と男と壁と』

ナナテン中☆☆

この映画を観て「面白い」と言う人は、
賢い人か、賢い人を演じたい人じゃなかろか。
と、自他共に認める低俗な私は穿った見方をしてしまうのであった。

いやー、つまんなかった。
出ている人は豪華でお得感はあるし、
名も実力もある俳優さんが本気で馬鹿をやる映画も嫌いではないが、
これはなんつーか、そうそう、空回り。
題材が面白そうで、期待していただけに残念。
原作はちょっと読んでみたい気もする。実話というのなら。

唯一の収穫は、ユアンのことを「やっぱ好きだわこの人」と再認識できたこと。
(常に恋い焦がれてるわけではなく、見たら思い出す曖昧さ)
この人のこの”ほっとけない”感はなんなんしょ。罪です。
結婚してたっけー。(→→→調べ中)
・・・してた。フランス人の美術監督と。
子供2人+養子1人。
ああいいなぁ、浮き名を流しまくりじゃない誠実そうなところも。

・・・ってもはや感想からはずれてますね。
でもそんくらい印象にないってことです、ヤギ映画が。

『ヤギと男と男と壁と』
監督:グラント・ヘスロヴ 
出演:ジョージ・クルーニー(リン・キャシディ)
   ユアン・マクレガー(ボブ・ウィルトン)
   ジェフ・ブリッジス(ビル・ジャンゴ)
   ケヴィン・スペイシー(ラリー・フーパー)
   スティーヴン・ラング(ディーン・ホップグッド)
邦題命名:千原ジュニア

ブログランキングに参加はじめました。押してくださるとヨロコビます。

16:31 | 公開中映画
comment(0)     trackback(0)

 『キャッツ&ドッグス 地球最大の肉球大戦争』

ナナテン中☆☆☆

最悪だった、、、客が。
どこのレビューを見ても、
「子供と犬猫好きだけ観ればいい。映画館でお金を払って観る価値なし」
と書かれているが、
せっかくなるべくそういう手合いの少なそうな2D字幕にしたのに、
無駄な抵抗であった。
ほんとに茶の間で観てる気分の(きっと動物好きの)オバちゃん連中が、
映画の最中ずーっと「カワイ~イ~」「アララ~」と、
喋りまくるわリアクションとりまくるわ、
何度ニラみつけても(気づかず)お構いなしであった。
しかも、笑いの沸点が今まで出会った誰よりも低っ!
犬がつまようじをくわえてるだけで大爆笑。
ググッただけでまた大爆笑。
もうそれだけでこっちが疲れた。

なのになのに、
ネコター博士の登場シーンでは、シーン。
ああやっぱり、、、。
この人達は映画が好きなんじゃなくて、
よくテレビでやってる『動物の可愛い赤ちゃん大集合』
          『芸達者な動物の人気動画特集』
を見るのと同じ感覚で来てるんだなー、と。
映画館というパブリックビューイングを嫌いになる瞬間だ。
「金返せ」、あのオバちゃん3人組に言いたい。

映画は、そんな言うほど酷くなかったのに。
少なくとも、<あ~帰りてぇ>と思わなかったもん。
ハトがかなりの確率で名言吐くし。

『キャッツ&ドッグス 地球最大の肉球大戦争』
  監督:ブラッド・ペイトン
  出演:クリス・オドネル(シェーン)
     ジャック・マクブレイヤー(魔術師チャック)
声の出演:ジェームズ・マースデン(犬・ディッグス)
     クリスティナ・アップルゲイト(猫・キャサリン)
     カット・ウィリアムズ(ハト・シェイマス)
     ニック・ノルティ(犬・ブッチ)
     ベット・ミドラー(猫・キティ・ガロア)
     ショーン・ヘイズ(猫・ミスター・ティンクルズ/ネコター博士)
     マイケル・クラーク・ダンカン、ジョー・パントリアーノ、、、
     ロジャー・ムーア(←ネコの誰かでカメオらしい)

ブログランキングに参加はじめました。押してくださるとヨロコビます。
11:57 | 公開中映画
comment(0)     trackback(0)

 『ちょんまげぷりん』

ナナテン中☆☆☆☆

何故だ、、、何故、、、
ともさかりえなのだ。
キャストを知った時に思ったことはこれだった。
申し訳ないが、決して今が旬の女優さんではない。
(私の中の全盛期は、
 『エスカレーション』『くしゃみ』を歌ってた頃)
別に【主演は流行りの人でなきゃ】とは思っていない。
むしろ、そういう風潮否定派。
でも、ならばその人をもってくる意味があるはず、
と思いながら観た。意味、そんなになかった。

それ以上に、以前から気になってはいたが、
口元がひんまがっているところばかりが目につき、
「いいのかともさか、、、それでいいのか?」
と、そんな心配ばかりが先行し、
ともさかのシーンはなかなか集中して見ることができなかった。
だって普通にしてても拗ねた顔、
もしくは不満があるように見えるので、
それは演技に支障があるのではないか?と思えてくるのだ。
女優生命に関わるゆがみ方だと思うのだが、
誰も指摘できずにいるのだろうか・・・。

錦戸亮はハマり役であった。
あまり笑わない役だったので、
キリッとした佇まいが崩れることなく凛々しいことこの上ない。
それゆえ叱責しても何しても発言・行動に説得力があり、
全体の空気を引き締め魅力をグーンとアップさせている。
あと、その出来不出来が映画を左右する子役がいい!
同僚役のキングオブコメディの今野と似すぎていて、
<実は今野の子じゃねーのか>と疑ったりした。

【以下、内容にふれます】

「友也のために1日1時間でいいから時間を作ってくれ」
というお願いの説明に、「(友也)泣いてるわよ」と言ったり、
友也がいなくなった時キンコメ今野に「見つけてあげて」と言ったり、
(あげて、って・・・。誰のためやねん)
更に「見つけてくれたらチームに戻ってあげるわ」などと言うので、
お前何様やねんってカッチーン。
そして結局は自分が元旦那に言われて腹立てたことと
同じことを安兵衛さんに求めてるわけで、
すっかり嫌味なエゴ女ぶりに、未婚の私は全く共感できなかった。

でもって、安兵衛さんが伝えたのはプリンだけかい?
あ、材料の関係か? (牛乳のかわりに豆乳って話もあったし)
コンテストで江戸城に雪を降らすところなど思わず(心の中で)拍手。

最後のまさかのNG集、
ジャッキー・チェンじゃあるまいし、、、
ストーリーに準じた使われてないシーンの挿入はいいと思うが、
中村監督、血迷いもーしたか?

『ちょんまげぷりん』
監督:中村 義洋
出演:錦戸 亮(木島 安兵衛)
   ともさか りえ(遊佐 ひろ子)
   鈴木 福(友也/ひろ子息子)
   今野 浩喜(田中くん/同僚)
   堀部 圭亮(上司
   佐藤 仁美(ママ友)
   中村 有志(司会)
   井上 順(ケーキ屋/有名パティシエ)
   忽那 汐里 (和菓子屋売り子)

ブログランキングに参加はじめました。押してくださるとヨロコビます。

23:59 | 公開中映画
comment(0)     trackback(0)

 『カラフル』

ナナテン中☆☆☆

はじまってしばらく、
<これは、、、"アタリ"かも>と期待度がグングン上昇。
しかしなぜか、次第に気持ちは離れていき、
早乙女くんと玉電を巡るあたりでは眠気を感じるほど退屈に・・・。

【以下、ネタばれあり】

冒頭のプラプラとのやりとりで、
" マコトの中に入ったのは生前の記憶こそないが別人格で、
 その別人格がマコトを通してどう人として再生するか"
というお話だと思っていた。(思わされていた?)
けれども段々、あれ?この感情は真だから生まれてきたものだよね?
などと疑問に思い出し、
結果「実はマコトの中味はマコトでした」なのだから、
<だよね、じゃないと変だもん>と納得した反面、
人の本質ってそう簡単に変わるもんじゃないと思う。
" 自分が死んだことで及ぼしたまわりへの影響を知り、
 新しく見えてきたことがあって心境の変化がありました"
ならまだわかるけど、そんへんの丁寧な描写はなかった。

もう1つ、私の心が冷めてしまったのは、自殺の原因にあるのかも。
イジメはあったけど、直接の原因は、
”母の不倫とひろかの援交を知ってしまったから”って、、、
そんなこと、といってしまえば語弊があるが、
正直、「へ?それで?イジメのほうがよっぽど辛くね?」
と思ってしまったのだ。
反抗する動機や、人として忌み嫌う動機にはなるだろうが、
(実際、新生マコトが母の浮気を知って湧いた感情は嫌悪)
それで自殺ってどうなんだろう。

人と人が繋がるきっかけも、
「似た立場だから」とか「優しくされたから」程度のもので、
ひろかの告白も『手紙』もとってつけたように感じられ、
現代社会に根付く諸問題を取り上げた繊細な作品、と言われても、
自分の中学生時代でももっとヘヴィでシビアだったんだから、
今の子達はこれを観てもきっと「ざけんじゃねー」と言いそうな気がする。
あくまで推測だけど。

というわけで、見事に誰にも感情移入できないまま、
跡に残ったのはプラプラの自然かつ奇妙な大阪弁だけでした。

『カラフル』
  監督:原 恵一
声の出演:冨澤 風斗(小林真)
     まいける(プラプラ)
     麻生 久美子(真の母)
     宮凬 あおい(佐野唱子)
     南 明奈(ひろか)
     高橋 克実(真の父)
     中尾 明慶(真の兄)
     入江 甚儀(早乙女)

ブログランキングに参加はじめました。押してくださるとヨロコビます。

14:41 | 公開中映画
comment(0)     trackback(0)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。